アボカドがもたらす水不足とは?アボカドが大地を揺らす?現地では地震の原因に!!

アボカド記事のタイトル
目次

初めに

「地球がもたんときが来ているのだ!地球人などは、地上のノミだという事がなぜわからんのだ」
30年程前、何かでこの様なセリフを聞いたことがありますが……..

時は過ぎて現在、地球環境は様々な要因から悪化の一途をたどっています。

メキシコでは『グリーンゴールド』といわれるアボカド利権を手に入れるため、犯罪グループ同士で激しい抗争が起きています。

12もの犯罪グループが衝突し住民を恐怖におとしいれ、恐喝、奴隷制の強要によって痛み・苦しみを与え、人々の命までも奪っています。

この記事では、僕たちノミが引き起こす地球規模の環境破壊、とりわけ僕の大好きなアボカドにスポットを当てて、その影響の凄まじさを知っていただきたく記事にまとめました。

アボカドは地球環境に与えるストレスが他の農産物より大きいと言われています。そのアボカドの問題点を取り上げ、我々にできる解決策を探っていきます。

結論を述べますと、アボカドはまさに環境負荷の大きい食べ物であり、現地メキシコでは地震の誘因とまで言われています。
それと同時に日本産のアボカド農家も日々研究を重ね、量産に向けて頑張っているのが現状です。

それでは皆さんも大好きなアボカドがどのように地球のストレスになっているのか、誇張のない事実にせまっていき解決策を講じていきましょう。

アボカドの特徴と概況

メキシコでは犯罪グループの手によってアボカド生産のため、多様な野生生物が生息する森林地帯が不法かつ意図的に焼却され、強引な手法をもって商業農業に変更されています。出展:⇒© 2021世界経済フォーラム

その他の特徴まとめ

  • 日本はアジア最大のアボカドの輸入国であり、輸入量年間75,000tにのぼります。
  • メキシコは世界のアボカド生産の3分の1を占めている。その他チリやペルーが主な生産国です。
  • アボカドは中南米原産ですでに紀元前500年には栽培されていた。
  • アボカドの和名は表面がワニの皮に似ていることから鰐梨(わになし)といい、フルーツで梨の仲間
  • アボカドは世界で最も栄養価の高い果物としてギネスブックに登録されています。(1998)
  • アボカドは種に70%の栄養が含まれていて、煮だしてteaにしたりオリーブオイルで揚げ焼きにしたりして美味しく効率良く栄養素を摂れます。
アボカドの実
アボカドの実

⑴ アボカドがメキシコやペルーの水不足を引き起こしている問題

アボカドを取り上げている世間の記事の中には、根拠が示されずにあげられているものもあるので、バーチャルウォーター計算機 に基づいてアボカドのバーチャルウォーター量を計算してみます。

*バーチャルウォーターとは、その対象物の生産にかかるすべて(飼料栽培・服なら綿花の栽培など)の水の量をいう。

それぞれバーチャルウォーター量を割り出してみます。

オレンジ一個 141ℓ
トマト 一個 131ℓ
アボカド一個 340~400ℓ ⇒出展:世界水の日報告書2019

確かにアボカドは他の農産物に比べて、バーチャルウォーターをかなり多く使っています。

メキシコでのアボカドの生産量は年間でおおよそ164万トン(25mプール6560杯分)にのぼります。それを生産する水の量はとてつもない量になります。

チリでは住民たちが飲んだり、庭の水やりや洗いものに使える浄水はほぼ枯渇したといいます。⇒アボカドブームがもたらすチリの干ばつ

チリの住民は不衛生極まりない政府調達の給水車の水を1日わずか50リットル以下で生活しています。ちなみに日本人が一日に使用する水の量は200~300リットルです。

その給水車の水は非常に多くの大腸菌に汚染されており、住民は体調不良の被害を被っています。

⑵ アボカド生産がメキシコやペルー地震を引き起こす

アボカド生産地では帯水層から大量の水を抽出します。これら帯水層からの過剰な水の抽出は、その土地での小さな地震を引き起こしています。

2020年1月5日から2月15日まで、世界で最も重要なアボカド産地であるメキシコ・ウルアパン市とその周辺で驚異の3,247件の地震動が記録されているそうです。⇒「環境破壊を引き起こすグリーンゴールド」

メキシコの地方自治体によると、これらの地震動は帯水層からの過剰な水の抽出が原因と示唆しています。

⑶ 地球温暖化 キャンペーン食品【 アボカド 】

アボカドは、中南米からアジアまで長い距離を海上輸送されてきます。その際、CAコンテナ(Controlled Atmosphere)という特別な鮮度保持技術を活用したコンテナで輸送されます。

冷蔵でも冷凍でもなく酸素濃度を低減し、青果物の呼吸作用を抑制して鮮度保持する技術を搭載したコンテナです。

これの輸送にかかる二酸化炭素排出量は2個のアボカドの輸送でCO2約846gです。
これはバナナ1キロの輸送時のCO2排出量480gの約2倍です。→アボカドは「悪魔の果実」か?

アボカド輸入はまさに地球温暖化を促し、回り回って様々な自然災害になって我々に帰ってくることが期待できるキャンペーン商品です。

⑷ 麻薬を扱わない新手ギャング団との戦い・【 アボカド紛争 】

メキシコでは麻薬カルテル、麻薬密売に関与しない新手の犯罪組織が台頭してきています。メキシコでは、12の犯罪グループアボカド「グリーンゴールド」の、取引の管理をめぐって抗争を繰り広げています。

栽培から輸送に至るまで、ギャングたちは恐喝、暴力、奴隷強要、児童労働、殺害まで手段を選ばず、アボカド農園を違法に管理しています。

農家の中には自警団を組織する人たちもいるそうで、それがさらにギャングの過激な行いに拍車をかけています。

アボカドキャット
アボカドマフィア
自警団
自警団

アボカドのために私たちに出来ること

このようにアボカド生産の影響は、海の向こうの国々では深刻な問題を引き起こしています。飲み水は不足し、ギャングの収入源として農園は囲い込まれて強制労働させられ、市民たちは恐怖におびえています。

年中水不足で飲み水は政府調達の大腸菌まみれの支給水だけという状況です。このような事実を私たちみんなが知ることで、1つ1つと問題はゆっくりですが改善の方向へ進みます。

知ることがアボカド生産国の人たちのためになるのです。では次にアボカド問題の改善への日本の取り組みをご紹介していきます。

⒜ 国内生産の普及拡大

実はアボカドも国内生産があちらこちらでなされています。愛媛県、和歌山県、新潟県、沖縄県など複数の産地で行われており、日本アボカド協会もあり技術支援、普及活動を行っています。

農家さんも生産量を増やし安定供給出来るように、日々研究を重ね頑張っておられます。国産品が普及されれば、CO2排出が減り、地球環境は良くなります。

ですが国産アボカドはまだまだ高くて安定供給には時間がかかりますが、いずれ毎日、国産アボカドを食べる日がくるのではないでしょうか。

いまは高級なアボカドだけに

  • 母の日に高級国産アボカドを送ってみてはいかがでしょうか。
  • お歳暮に高級アボカドだと大いに喜ばれると思いますよ。
  • お正月におせちのとなりに置いてみてはいかがでしょうか。
  • 少し高い国産アボカド趣向をかえて利用すると、新しい発見があります。
高級国産アボカド
高級国産アボカド

⒝ クラウドファンディング

アボカド生産を心ざし、クラウドファンディングにより資金提供をつのり、農園経営を進めている人達もいます。それらの多くは、目標資金に達成しており、支援者様の期待値の高さが感じられます。

このように順調に国産アボカドは普及の道をゆっくり進んでいると言えます。我々はこれらの活動を知りフォローや拡散したり、資金提供したりすることが、やがては地球環境の負担軽減になるのではないでしょうか。

まさに環境改善の道を地道に歩いているといえます。

⒞ アボカド自家栽培

アボカドの環境改善を調べていくと、皆さん食べた後の種で自家栽培されている事実を知りました。
ひょっとして食べれるんじゃね!!
なんと、種には豊富な栄養が蓄えられ、焼いたり揚げたりして塩をふって美味しく頂けるそうです。ぜひお試しあれ!

木や枝葉の育ったアボカドはメルカリでも売られていました。さらに調べていくと、アボカドの木は15メートルを超す超巨大木に成長する事実を知りました。トトロもビックリ!!

アボカドの木
アボカドの木

こんなもん、栽培できるか―!と思いながら調べていくと高くならないように、上部は剪定して都合のよい高さにして観賞用にするんだとか。

花や果実は受粉が難しく一般には無理だそうです。果実はできないのかぁ、残念 (^-^;

おしまいに

日本とメキシコは,経済連携協定(EPA)を結んでおり,アボカドの輸入には関税がかかっていません。それもあり、メキシコ産が安い値段で買えるのです。

アボカド輸入は地球環境の負荷が大きく、生産国の人々の生活を脅かすことにつながります。『グリーンゴールド』をねらって、ギャング同志の抗争が起きたり、脅されて奴隷にされたのでは生きた心地もしないでしょう。

実際それらの犠牲の上にアボカドは売られています。こういう事実を子供たちに話しましょう。これが大切です。
その子たちが次の時代の担い手なのですから。

私たちは機会があれば国産アボカドを買い、アボカド農家のクラウドファンディングに出資をする。
一人一人できることは限られています。

ですが全国の農家の人、クラウドファンディングで農園を立ち上げてる方、それに出資される方、様々な方が国産品拡大に前向きに取り組んでいます。

その様な方々の支援のためのアボカド募金などが出来たらいいですね (^^♪

「みどりのはね」ならぬ「アボカドのミニバッジ」「みどりのミニタオル」なんて流行ったりして ♫

クラウドファンディングを見てると、アボカドの財布がかわいかったので、売り切れでしたが貼っておきます。→【かばん職人がつくる国産アボカド農園】を作りたい!!

アボカドバッグと財布
アボカドのバッグと財布

そういえば、ワニワニパニックてまだどこかにあったかなぁと思いにふけるkouでした
(*´з`) SEEYOU!

にほんブログ村 美容ブログ ビューティーライフへ
にほんブログ村
アボカド記事のタイトル

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次